サッカーのPKが確実に上手くなるポイントと解説

こんにちは!

今回はPKについて書いていこうと思います。

みなさんどうですか?

PKは得意ですか?

PKはキーパーとの距離も近く、

見ている側からすると

簡単なようにみえます。

しかしPKは試合で決着がつかないときに、

おもに行われます。

つまり、

PKで勝つか負けるかが決まるという事です。

ですからその分緊張もしますし、焦りも出てきて、

失敗につながることがあるります。

みなさんPKを確実に決めれるようになりたいですよね。

ですので今回は、

PKが確実に入る、

蹴り方、狙う場所など解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください!!

PKの2つの蹴り方

 

①自分の決めたコースに強く速いボールを蹴る

 

まず、狙う場所をあらかじめ決めておきましょう。

なぜかというと、蹴る直前までどこに蹴るか迷っていたら、

外してしまう可能性があります。

場所を決めておくことで、

集中してボールを蹴ることができます。

蹴る時は強く速く蹴りましょう

 

もう一つ重要なのは、

キーパーの腰の高さにボールを蹴るのはやめましょう。

この場所はキーパーが取りやすい場所なので、

蹴る時は上か下を狙うようにしましょう。

助走は自由で良いです。

 

②ゴールキーパーの動きを見て逆を狙う

 

ゴールキーパーの逆を突くときは、

ゴールキーパーの膝を見るようにします、

キーパーが飛ぶ方の反対の足が

内側に入ります。

 

もう1つ大事なのは助走です。

蹴る時に真っすぐボールに向かって

蹴ろうとすると、

例えば右足で蹴るとするならば、

キーパーからして右に蹴ることしかできないからです。

ですので、

助走は斜め45度から入りましょう。

斜め45度にすることで右にも左にも

蹴ることが可能になり、

蹴り足の幅が大きくするという事が大事と言うわけです。

PKで狙う場所

 

先程は

蹴り方や狙う場所について書いて

また狙う場所?

と思ったかとおもいます。

ですがこれから教えるのは、

さらにPKが決まる確率が高まる

狙う場所を教えます。

 

その狙う場所とは…

ポストの奥の棒です!

 

狙う場所は隅です

ですのでポストの奥にある棒を狙うというわけです。

 

蹴り方はまず、

ボールが奥の棒に行くように1本の線をイメージします。

その1本の線から一番手前の場所を狙うようにします

そして助走を取り

その場所だけを見て蹴ると

ゴールの隅に入ります。

 

右左どちらも蹴る時も同じです。

 

何度も練習して感覚を覚えると、

本番、確実にPKを蹴ることが可能になります。

 

ぜひ試してみてください。

ボールの蹴る場所とキーパーを見るかどうか

 

PKを蹴る時にキーパーを見ますか?

結構見る人が多いかと思います、

キーパーをみると緊張して、

蹴る場所を決めていても

迷うこともでてきます。

 

ですので見ないようにして、

ボールだけ見るようにします。

そして、

ボールの空気を入れるところありますよね、

その部分を正面に向けて置きます。

 

そして蹴る時は、

蹴る方向の反対側の部分を

ちょっと回転を掛けながら蹴ります。

 

そうするとおのずとボールはサイドネットに

入っていきます。

まとめ

 

・自分の決めたコースに強く速いボールを蹴る

・キーパーの腰の高さに蹴らない

・ゴールキーパーの動きを見て逆を狙う

・助走は斜め45度

・ポストの奥の棒を狙う

・ボールが奥の棒に行くように1本の線をイメージする

・蹴る時はキーパーを見ない

・空気を入れるところを正面にして置く

・蹴る方向の反対側をちょっと回転を掛けながら蹴る

 

みなさんはこれから、

大きな大会、公式戦など

重要な試合があるかと思います。

大事な試合になればなるほど相手も強いし

簡単には勝てなくてPKになる可能性も高まります。

そんななかで今回の

PKの練習と知識を存分に発揮してもらいたいと

願っていますがそれでも緊張するのが人間です、

最後は気持ちが大事だと思っています。

練習しまくり自信をつけてください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です