サッカーにおける基本的な知っておきたいディフェンスの方法

こんにちは!

今回はサッカーで知っておくべき、

ディフェンスの方法について書いていきます。

サッカーにおいてディフェンスは非常に大事になってきます、

ディフェンスは色々な場面でやり方が違っていて

例えば、

一対一のディフェンスだったり

一対複数の場合など

奥が深いのがディフェンスです。

ですので、

今回は試合中の色々な場面で起こる

基本的なディフェンスの仕方について書いていきますので、

ぜひ最後までご覧ください!!

サッカーの基本的なディフェンス

 

まず、一対一の場合はコースを限定します。

正面から来る敵に対して、自分の体を正面の状態にしてはいけません、

自分の体は半身の状態にします。

半身にする理由は先ほども言った、コースを限定できるからです。

そもそも真正面の状態でディフェンスをすると

次のアクションに移るのが遅れてしまい、

簡単に交わされる可能性が高いからです。

 

次は、2人でディフェンスをする場合です、

2人の場合は有利ですよね、

ですが油断してはいけません、

こっちが2人だから同じ方向からボールを取りに行っても

簡単にパスを出されてワンツーなどされ抜かれてしまいます。

ではどういうディフェンスをすればよいか

それは、、、

 

チャレンジ&カバーです!(約してチャレカバ)

 

チャレカバは二人のうち一人がディフェンスに行く、

すると敵はドリブルで抜こうとするかあるいはパスを選択しますよね、

 

ドリブルを選択した場合

 

少し前にお伝えした半身の状態でコースを限定しているわけですから

敵は限定されたところにドリブルしてきます、

そこでもう一人のディフェンスが取りに行く。

 

パスを選択した場合

 

パスを出されたらチャレンジ&カバーの

カバーの方がパス出された敵の方にディフェンスしに行きます。

そしたら、

最初にチャレンジしていた人は下がってカバーする側に回ります、

敵がずっとパスをしてる場合このチャレカバの繰り返しになります

ボールを無理に取ろうとしなくて大丈夫です、

交わされないことが大事なので。

サッカー各ポジションでのディフェンス

 

ディフェンスは各ポジションによって仕方が変わってきます。

まず、

FWの場合、取りに行こうとするディフェンスではなく、

コースを切りながらプレスをかけます

敵のゴールキーパーとDFがパスを回しているとします、

回しているボールを一生懸命追いかけても

ボールは取れません。

ですのでFWはボールを取ろうとしないで、

左か右どっちかを切ることで敵の攻撃の幅を限定するのです。

 

次MF、中盤です

ここはハードワークが必要になるポジションで、

一人一人が連動しなければなりません

一人が勝手に行動すると相手にゲームを作られてしまいます。

チャレンジ&カバーはもちろん味方も敵も動きが予測がつきづらく、

よく敵をみてマークの受け渡しが大切になます。

 

DFは、

サイドバック、センターバックの4人バックが大体です

こちらもMF同様、連動することが大事です

一番チャレンジ&カバーが大事になってくるポジションです。

DFは最終ラインですので、

オフサイドラインを決めることもできます、

オフサイドを上手く狙えれば相手の攻撃も阻止できるので、

連動性が一番大切です。

相手が後ろ向きの状態だったら前を向かせないよう、

積極的にプレスを掛けに行きましょう。

 

さらにDFでは、

もし敵にシュートを打たせてしまう場合、

ゴールキーパーからするとシュートコースを限定してほしいので

ボールを取ることやカットできなくても、

あらかじめ敵がシュートを打つところからゴールを結んだときに、

自分が壁になるようにシュートコースに立ちましょう、

この時、手は後ろに隠してハンドにならないようにしましょう。

まとめ

 

・一対一のディフェンスをするときは体を半身にする

・チャレンジ&カバーを意識する

・FWではコースを限定しながらプレスをかける

・MFは連動しながらマークの受け渡しをする

・DFは連動する、オフサイドラインを意識する、シュートコースを消す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です